ノベルティもらうと嬉しい

ノベルティと聞くと洋服屋さんや雑貨屋さん、携帯ショップなどでもらうイメージがあります。そのお店のロゴが印字されていたり、限定物であったりします。もらって嬉しいノベルティは、季節にフィットするものが主流でした。例えば夏はうちわ冬はホッカイロなどです。

しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大などの社会変化により、もらって嬉しいノベルティにも、ニーズの変化があると考える。2020年7月にはレジ袋が有料化された。今であればエコバックなどはもらって嬉しいアイテムです。他にもコロナ禍においてはマスクや消毒などは重宝されるであろう。

ノベルティは、多くの会社が導入している販売促進のためのツールです。企業側にとっては、ノベルティが消費者に何度も利用されていたとしても、会社名や商品名が印象に残らなくては、宣伝効果は得られません。目立ったイラストやデザインで、沢山の人の印象に残りやすくすることが売り上げを伸ばすためには重要だといえます。消費者側は、好きなお店のブランドのロゴが入った物であれば、毎日持ち歩くでしょうが、ブランド価値があまりないメーカーのものであれば、無地の物を好まれます。

大人気のお店であれば、大行列ができることもあります。すぐに配布がすべて終わってしまうとその価値はかなりあがります。今だとフリマサイトなどで、高額に販売されてしまうほどです。人気のものを手に入れるには、情報をいち早く得て早く並ぶのが良いでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*