ノベルティグッズと顧客獲得への道

ノベルティグッズは配布する場所や目的に応じて、製作するアイテムを変えるべきです。展示会など自社の商品を出した場所で、自社のターゲット層や顧客にプレゼントする目的で渡す場合、自社の業務内容に関連しており、なおかつ商品を使う人なら喜ばれそうなアイテムにすることが認知度を高めるポイントとなります。認知度を高めるためには、配布するノベルティグッズに関して具体的に把握する事、配布されたときの顧客やターゲット層の反応をある程度推測して作ることが必要です。また、持ち帰ってもらいやすいよう、なるべく大きさにも配慮しなければなりません。

安心して利用してもらえるよう、丈夫さにも配慮することは大切ですが、何よりも持ち帰ってもらえなければ使ってもらえない為、なるべくかさばらず、重すぎないアイテムを作ることが必要です。ターゲット層によっては、貰った時にどのような反応をするのか、ある程度の予測がつくため、そのあと商談に結び付けられるような情報を引き出す事や、ターゲット層の現在のニーズはどうなっているのかをコミュニケーションから探りましょう。利用する人の好みや、現在自社の商品を使う可能性はあるのかどうか、チェックしておくことです。会話の内容によって、見込み客としてプロモーションをかけるか、そのまま放置するのかが決まるからです。

ノベルティグッズを提供するときには営業の事をも考えて配布すると、顧客獲得につながりやすいといいます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*