名入れなしのノベルティの使い方

ノベルティグッズといえば社名や団体名などオリジナルの名入れをしたり、独自のデザインで受注生産した品物が思い浮かぶかもしれませんが、独自のデザインや名入れの無い品物もノベルティグッズとして多く紹介されています。とはいえ、ノベルティをイベントの記念品として企画している場合や、自社のサービスの利用を促す目的で利用する場合にはオリジナルのデザインや社名と連絡先の名入れは欠かせません。しかし、広告に価値を付加する目的や来店した顧客へのサービスとして手渡しの形で配布する場合にはその限りではないため、利便性やインパクトなどの条件に合わせた選択が可能です。名入れなしのノベルティを利用する場合、それにかかるコストを抑えることができるので、単純な単価が多少高い物であっても活用することが可能です。

例えば小さなお子さんと保護者の方をターゲットにしているのであれば、マーカーのセットやお菓子の詰め合わせのようにボリュームのある品物の選択ができますし、生活雑貨などの購入に伴うサービスで配布するのであれば、梱包に工夫のされたハンドタオルや見た目が鮮やかなスポンジなどが選べるでしょう。また、名入れの無いノベルティは受け取った側にとって使いやすいというメリットがあります。使われやすい品物に自社の情報を付加することを検討するのであれば、ステッカーを作成して使うこともできますし、名入れよりも単価が抑えられる可能性もある方法です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*