会計士転職するメリットとは

手に職がある仕事として、会計士転職は人気があります。社会人の経験を積んでから会計士の転職を考えるのは不安になるかもしれませんが、社会人だからこそ勉強に活かせる経験やスキルがあるはずです。コロナ禍で先の見えない世の中で、高収入が得られる仕事として会計士転職を考えるのは前向きな転職活動と言えるでしょう。年代は20代から30代の早いほうが需要が多いと考えられていますが、税理士試験の科目合格者となり、専門性を備えていることをアピールできれば、前職よりも高収入に繋げられる可能性があります。

会計士転職するにあたっては、公認会計士試験を通過している必要があります。この試験は現在の仕事をしながらでもコツコツと勉強を進め、日々試験に備えておけばよいでしょう。そして会計士転職先で人気があるのは監査法人で、企業が出した決算の内容に不備がないか、違法を行っていないかなどを公平な立場からチェックするのが仕事です。この会計監査業務は法律上、公認会計士の資格者にしか許されない業務で、会計監査を専門的に行っている組織が監査法人です。

つまり、監査法人は公認会計士が多数所属する組織で、それ以外の職業の人には代替が効かない仕事として人気があります。今はコロナ禍で赤字企業と黒字企業とで明暗が分かれていますが、会計士の職業はどのような世相になっても一定数以上求められる仕事なので、安定を求めている方には適している職業と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です