会計士転職にあたっての注意点

会計士転職にはよくある失敗が存在します。逆に言えば、会計士転職にあたっては会計士転職によくある失敗を知っておくことが有用です。最も多い失敗のひとつに、何がしたいかが明確ではない、というものがあります。会計士の転職にあたっては、現状の監査中心の業務をより広い非監査業務にまで広げたい、というものが非常に多いです。

ただ、会計士として自分が具体的にどのような仕事をしたいのか、あるいはどのようになりたいかの将来に対するキャリアパスのイメージが明確でないまま転職活動に入ってしまうと失敗する可能性が高いです。注意しましょう。また、転職時の条件の優先順位が明確でない場合も失敗しがちです。転職活動に際しては、どのような環境で働きたいかの条件や要望、希望などの明確化が欠かせません。

一方で、それらをすべて同時に満たしてくれる求人は現実的にはまず存在しません。そのため、何を優先したいか、その条件を自分の中で明確にできていないと中途半端な結果で終わってしまいがちです。つまり、そのような失敗を避けるためにすべきこととしては、自分が何を優先したいかの希望条件を絞っておく、というものです。加えて、目先の年収の高さばかりに惑わされてしまうのもやめましょう。

これは、目先の年収が高いからといってその選択が逆に生涯賃金ではむしろマイナスとなる選択をしている可能性があるためです。冷静に比較検討し、自分にとって最良の選択を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です