会計士転職先の候補を考えよう

会計士転職を検討している場合、どのような職場の候補が存在しているのでしょうか。実際にどのような候補があるのか把握したうえで、自分に合った転職先を探していくことが大切です。多くの会計士がキャリアのスタート地点に選ぶのが監査法人になります。監査法人で経験を積んだら、別の職場へ会計士転職をするというケースが多くなっています。

このとき監査法人から、別の監査法人への転職を希望する場合もあります。今より規模の大きい監査法人へ行く、ワークライフバランスが充実している環境へ転職する場合があげられます。また監査法人ではなく、税理士法人や会計事務所への会計士転職を希望する方も多くいます。将来的には会計士として独立を検討している場合、個人でやっている事務所で経験を積みたいと考えて税理士法人や会計事務所に転職するケースも見られます。

自分が将来的にどのような働き方をしたいのか考え、将来のキャリアにとってプラスになる環境を選べるようにしましょう。会計士転職をする際に、一般事業会社での勤務を希望する方もいます。一般事業会社では、会計士のスキルがあると財務や経理などのポジションで期待できます。ある程度のキャリアがある方なら、内部監査や経営企画など、経営に深くかかわる形で活躍できるチャンスもあります。

チャレンジできる職場を選びたいという方の中には、ベンチャー企業での経営企画に関わる仕事ができる環境へ転職する場合も見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です