公認会計士転職を未経験からするには

現在違う仕事をしているけれど、将来的に公認会計士転職を検討しているという方は少なくありません。未経験から公認会計士転職をするためには、まず公認会計士試験に合格し資格を取得することが求められます。特に社会人として働きながら公認会計士転職を目指すならば、独学で勉強するよりも効率的に勉強する方法として民間の専門学校やスクールで開講されている社会人向けの夜間コース、通信コースで勉強を行う方が大半です。ただし上場会社での会計や監査の実務経験が7年以上ある場合は、筆記試験の一部が免除される制度もあるので、企業で会計・監査の仕事をしてきた人はこういった制度を有効活用することで合格の可能性を高めることが出来ます。

未経験者でも公認会計士転職を目指せるのかというと、基本的に会計士として働くには資格さえ取得してしまえば働けるチャンスがあるので、目指すことは十分に可能です。ただし資格取得は、弁護士や医者と並ぶ難関資格の一つなので、短期集中的に勉強をしたからといって誰しも合格出来るとは限りません。一般的にこの資格を合格するためには、並大抵の努力では足りず、2~3年間は集中して勉強をするという方が多い傾向にあります。特に会計知識が全くない未経験者の場合、独学で勉強をすることは非常に難しいので、未経験者が効率よく資格取得を目指したいなら、専門学校や資格スクールに通いつつ、試験対策を十分に行うことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です