会計士転職に関すること

日本には様々な士業と言われるものがあります。弁護士、社会保険労務士、税理士などがその代表的なものであると言われています。これら士業は専門的な法律に精通しており、法に則してクライアントを保護したりアドバイスをする役目です。法律に精通していなければならず、士業は難易度の高い職業としても知られているんです。

さらに合格率も低いことから、士業は社会的信頼が厚く社会的地位も高い職業でもあります。なかでも公認会計士はもっとも難しい士業であると言われているのです。法律に精通するだけでなく税金や経理、決算や分析まで行わなければならないからです。公認会計士になれば就職先に困らず、会計士転職も比較的しやすいと言われてます。

会計士転職の場合は、個人経営または法人経営の会計事務所に転職するのが一般的です。公認会計士として決算や給与計算、売り上げや利益の分析、確定申告や税務調査の対応などと言ったお仕事をこなします。そのほかに会計士転職は、企業の経理や財務部門に就職することも可能です。公認会計士の資格を持っていれば、社内で決算処理や確定申告、社会保険手続きなどが完結し、公認会計士の事務所に委託する必要がありません。

そのため無駄な経費を省くことができ、なおかつ健全な財務や経理部門の運営が行え雇い入れる企業にとってはメリットが大きいのです。また企業で働く会計士自体も、その会社の経理や財務部門で部長やその上の管理職の肩書をもらうことができ、サラリーマンでも高い給与待遇が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です