会計士転職で利用したいサービス

2000年以降、国内で人気を博している職業が公認会計士です。企業から学校、医療法人などでは必ずと言っていいほど会計士と業務提携をなされており、経営を円滑に進めるためのアドバイスを受けたり税務処理を依頼しています。アメリカではMBAという名称の資格で、現地でも人気がある職業です。経営の中枢を担うキーパーソンであるため、需要がある職業ともいえるでしょう。

会計士は国家資格でもあるため、専門学校や大学で勉強をして試験に挑むのが一般的です。計50項目の学科をマスターしないと合格できないともいわれており、平均の合格率は約24%となっています。社会人でも新たに資格を得る方も多く、会計士転職をする際は専用のサービスを活用するといいでしょう。会計士転職を専門にしているサービスは、転職エージェントでも比較的多く存在しています。

自分で就職先を見つけるよりも効率が良く、今現在新しい人材を求めている事務所や企業の経営部門と直接連絡を取り合えるのが魅力といえます。会計士転職を専門にしているエージェントを活用するメリットは、自分が希望している報酬を提示できることです。一般的な転職または就職の場合は、相手側企業が最初に示している報酬に納得をした形で応募をしなくてはいけません。ところがエージェントの場合は逆で、転職希望者が提示する条件に納得した企業からアプローチを受けられるのがポイントです。

会計士転職をする方にとって、働きやすい環境の場所を探せるサービスでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です