会計士転職の具体例について

監査法人や会計事務所、会計系のコンサルティングファームなどの求人は多く会計士転職へのニーズも高まりつつあります。一般企業の経理や上場準備会社、IPOを目指す企業のCFOなど会計士転職によって新たな仕事を手にするケースも多く見られます。公認会計士は財務会計だけでなく、上場企業における内部統制や税務などに関する知識なども期待される存在です。一般企業の経理やIPOを目指す企業では、月次決算の早期化や正確性の向上の他に内部統制や管理統制の構築に関する経験が重要視されています。

IFRSの導入やIR資料の整備など様々な業務があり、優れたスキルを持つ人材による会計士転職を必要とする多くの企業が存在します。金融機関や投資会社のようなM&A関連の業種でも公認会計士の需要は大きく、会計知識の延長線上にある財務デューデリジェンスやファイナンシャル・アドバイザリーなどの業務が必要とされています。監査の延長線上にあるこれらの業務では、公認会計士としての経験を活かしながらM&Aに関連する知識を習得しなければなりません。会計士転職によってスキルアップを図るとより多くの業務に対応できるようになります。

監査業務と共通した知識もあり親和性が高いため、新たな分野のスキルを効率的に習得することが可能です。具体的な会計士転職の分野としては財務・会計系や税理士法人系、金融系のコンサルティングなどがあります。また一般事業会社の経理部や監査法人などの求人も多く、様々な分野で公認会計士のスキルが必要とされています。会計士転職のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です