会計士転職で会計士になるためには

会計士は会計のスペシャリストとして企業を会計面などにおいて様々にサポートします。近年は会計法令の複雑化に伴い、会計士へのニーズが非常に高くなっており、会計士転職をする人も増えてきています。こうしたことから会計士転職に関する求人も多くなっていますが、会計士へ転職する際には当然のことながら、会計士という資格を取得しなければなりません。会計士は正式には公認会計士と呼ばれており、公認会計士の資格を取得するためには公認会計士・監査審査会が実施している公認会計士試験を受験して、それにパスする必要があります。

この試験では短答式と論文式があり、前者は毎年5月と11月頃に実施、後者は毎年8月に実施となります。なお、論文式は短答式をパスした人のみが受検することとなります。試験内容は財務諸表論や管理会計論、監査論、会社法といった分野から出題、短答式では主に基本的な内容が出題され、論文式ではやや応用的な問題が出題されます。短答式は1日で終了しますが、論文式は3日間実施されます。

合格ラインは短答式で概ね7割程度、論文式で概ね4割程度と言われています。公認会計士試験は数多くある資格試験の中でも特に難しい試験として知られています。このため、勉強量もかなり必要とされますが、どの資格試験でも言えることですが、基本をしっかりとおさえればそれほど難しい試験ではありません。したがって基本をおさえる勉強法が会計士転職への近道と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です