会計士転職を考えているなら

会計士に求められるものは、財務会計に必要な知識・上場企業の内部統制知識や税務に関する業務です。近年は会計士転職を希望する人も多く、専門の転職エージェントサイトの利用者も増加傾向にあります。会計士転職の転職先は、実は数多くあるものです。監査法人や会計事務所はもちろんのこと、会計を中心にしたコンサルティングファームや金融機関などがあります。

基本的に会計の知識が必要となる分野に関しては、仕事があることが魅力的な点です。ただし、会計士転職においても実務経験が重要視されます。スペシャリストとしての専門知識も高度なものが要求されるので、全く知らない業界に会計士転職をするのはリスクが高い行動と言えるでしょう。会計士として独立するのではなく、企業内会計士として活躍するという方法もあります。

この場合は、監査法人とは異なり複数の企業の会計を行う必要がありません。さらに一般企業だけではなく、非営利団体や地方公共団体といった組織で働くことも可能です。会社の内部を正しく把握し、会計の数値を導き出すのが主な仕事となります。この場合の会計士転職は、監査のように外部から指摘をするのではなく、自らも組織の一員となって数値を作り上げる必要があるのです。

会社の規模によっては、社内の会計全般を背負う気持ちが必要となる可能性もあります。どちらが自分にとって良い選択か、選ぶのは難しいものです。転職エージェントなどに相談し、自己分析をすることも大切と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です