魅力あふれる人間力を会計士転職面接時にはアピール

会計士転職を希望の結論に達するためには、何よりもキーポイントとなるのは面接です。1人に割り当てられた面接時間には限りがあり、とても長く感じますがあっという間のことでもあります。時間限定制限の中で、いかに会計士転職面接で、自分の強みや好印象のアピールをすることができるか、これこそが内定を決定させる要です。普段から自分を売り込むことにもさほど慣れていないのが士業の人たち、真面目に会計などにお金に関わる業務に取り組む姿勢は高いものの、自己アピールは普段からやり慣れていることではありません。

どのようなスキルを持っているのか、これまでの経験や資格などもアピールにはなりますが、他にも大切なことがあります。お金に直結した仕事ではありますが、会計士転職で大切なことの一つとして忘れてならないのは人間力です。経営のお金という面でシビアな業務に携わりはするものの、結局は人と人とのつながりが何よりも大切な仕事でもあります。人間力として面接時に伝えたいのは、いかに仕事への前向きで社員となった暁には会社への貢献をできるか、長所も含めての人間的魅力を言葉で伝えていくことも大事です。

面接で採用するか否かを決めるのも人間、一緒に働くメンバーとして人間性に魅力ある人材を欲しいと思わないわけがありません。仕事ができることは大前提、役立つ資格や実績があるのも強みになりますが、魅力あふれる信頼に値する人間性は公認会計転職でも有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です