会計士転職をするときの説明

会計士転職をしたい人は少なくありませんが、その場合まずどのように説明をしたら良いか問題になります。説明をする場面が1つあるとすれば、現在勤務している会社に対して会計士転職をする旨の説明です。通常上司に退職する旨を告げなければいけませんが、この場合そのまま問題なく退職できる場合もあれば引き止められる場合もあります。引き止められる場合は優秀な人の可能性が高いでしょう。

優秀でなければ、特に引き止める事はありません。もし、会計士転職をする場合引き止められたらどのような説明をしたらよいでしょうか。明確に止めることを告げれば問題ありません。それでもしつこく言ってくる場合には、妥協しないで新しい会社に入ることを伝える必要があります。

何度言っても返事は一緒だと伝えれば諦めるでしょう。これに対して、新しい会社に入るときの面接をする場合、どのように前の会社の退職理由を説明するかです。ネガティブな理由はあまり好まれませんので、仮に人間関係が悪かったあるいは給料が悪かったことが理由だったとしても、それをそのまま伝えるべきではありません。できるだけポジティブな理由を伝えることが重要になります。

具体的には、例えば前の会社ではできなかったことをこの会社で試してみたいなどといった理由になります。もしそのようなことを言った場合、どのようなことを試したいのかと聞かれるケースがあるためそこまで考えておかなければいけません。もしそこで言葉が詰まってしまったとすれば、適当なことを言っていると思われてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です