会計士転職で聞かれることとは

会計士転職をする場合、いったいどのようなことを聞かれるのでしょうか。それを理解しておくと、会計士転職をする場合比較的転職しやすくなります。まず会計士転職においては、志望動機は確実に聞かれる内容の1つになります。志望動機は、その会社を選んだ理由のようなものですが、実際に考えていることをそのまま素直に述べるのは良くありません。

例えば、多くの人が転職先を選ぶとき給料のことを考えるかもしれません。しかし給料が良いからと言った理由を述べると悪い印象を残してしまいます。会社としても、給料で会社を選ぶ人がいることぐらいは知っていますが、それが1番の理由になってしまうともしその会社よりも良い給料のところがあればそちらに転職してしまう可能性があるわけです。そのような理由からも、それを1番に考える人は採用しない可能性が高くなります。

次になぜ前の会社を辞めたのか問われるかもしれません。前の会社を辞めた理由は、正直に言えばほとんどの場合人間関係や待遇の悪さにあるはずです。例えば社内でパワーハラスメントが起こっている場合や嫌な先輩がいて環境が悪い場合です。それ以外でも、給料が低いことや労働条件が悪いなども理由になるかもしれません。

しかしそれを理由にしてしまうと、この人はこらえ性のない人だと考えてしまいます。もちろんそのような理由で退職する人が多いことを面接官も知っているかもしれませんが、それでは心もとない理由です。それよりも、もう少し前向きな理由を説明することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です