流山でも増えている合同葬という葬儀

  • 船橋で葬儀を終えた後の弔問客はどうすればよいか

    • 船橋で葬儀に参列できなかった人や、新聞で訃報を知った人などの中には葬儀の翌日ぐらいから、自宅のほうに弔問に来られることがあります。

      船橋の葬儀情報を集めているサイトです。

      たいていは電話で今からうかがってもいいですかと連絡がありますが、いきなりくる場合もあるのであと飾りの祭壇を用意して遺骨、遺影を飾って、お線香をあげられるようにしておきます。

      遺骨の前でお線香をあげていただいたら、お茶とお菓子の接待をして、多少なりとも故人の思い出話などをするとよいでしょう。


      お茶やお菓子は切らさないように、多めに用意しておくと安心です。

      goo ニュースの情報が必ずあります。

      香典を持ってきてくれた弔問客には、葬儀の時に持ち帰ってきた予備の返礼品と会葬礼状をお渡しして、わざわざ来ていただいたお礼を伝え、見送ります。この時に気を付けたいのが、前の弔問客からの香典袋を積み上げたままにしないことです。


      その後のトラブルにつながりかねませんので、香典はその都度別の場所に保管しておいてください。

      弔問客を装った営業活動も、船橋では行われています。
      ご主人様と以前お会いしたものですと言われると、知らない人であってもそうなのかと思いつい家にあげてしまいがちになってしまいます。


      しかしお線香をあげた後に名刺を出してきて、お墓や仏壇などのセールスを始めるというパターンが、船橋では多くあります。


      喪主が面識のない弔問客の場合は、存じ上げず大変申し訳ないのですがどちらのどなた様でしょうかとまず相手の身元と名前を聞き出してください。

      それでもよくわからない場合は、故人とはどのようなご関係だったのでしょうかお聞かせいただけると助かります。



      と玄関先で聞いておくことをお勧めします。

top