流山でも増えている合同葬という葬儀

  • 船橋では当日に葬儀費用を請求する業者も

    • 葬儀が船橋で無事にすんで一段落したら、かかった費用の支払いを行います。

      今すぐ使える船橋の葬儀に関して悩んだら、是非お試し下さい。

      たいていの場合葬儀後2〜3日で請求書が届きます。届いたらすぐに内容を確認して、疑問な点は問い合わせを行って納得してから支払うようにしてください。

      遅くとも一週間以内に支払うようにしてください。


      確認事項として明細にある返礼品の額は葬式で実際に使用した分と、自宅での弔問客用の返礼品の金額です。


      数量が間違っていないかを確認してください。
      まれに葬儀告別式当日に請求書を渡して、その場で支払いを要求する業者も船橋にはあるようです。

      費用の未回収を避ける策のようですが、当日に費用を準備することが難しい場合は事前に業者に相談してください。
      葬儀費用はいくら故人が残しておいてくれたとしても、死後は故人の船橋にある預貯金口座が凍結されてお金をおろすことができなくなってしまいます。


      喪主はその金額を用意しておく必要がありますので、そのためにも喪主になる可能性がある人は常に200万円ぐらいのお金を、普通預金の口座に確保しておくと安心です。
      費用は遺産相続の際の控除対象にもなりますので、お布施を入れた袋のコピーとともに、領収書も保管しておいてください。

      朝日新聞デジタルの相談ならココです。

      菩提寺がある場合当日にお布施を手渡すのではなく、葬式の翌日に寺院を訪ねてお礼かたがたお布施を手渡すほうが、丁寧と言われています。



      しかし喪主も僧侶も忙しくお互いにタイミングを合わせることが難しかったりするので、当日に渡すことは決して失礼ではありません。

      むしろ一般的になっています。


top